流星のしずく

こだわり

平塚と言えば『七夕まつり』が有名ですが、七夕と言えば織姫と彦星ですね。
天の川を隔てて会うことができなくなった織姫と彦星が、1年に1度だけ会うことができるというロマンチックな星物語です。

平塚には湘南平と言う山があります。
夜景がとても綺麗な所で、空が近く星もとても美しく見える場所です。
『流星のしずく』は、そんな湘南平から見た流れ星をイメージたお菓子です。

桃山と言う黄味餡に寒梅粉(粳米の粉の一種)を入れ、べたべたしない粘りが出るまで一生懸命に揉み込んだ生地でキンカンの甘露煮を包み、流れ星の印を押してしっかりと焼き色を付けました。
キンカンが爽やなアクセントの和菓子です。

※ 特定原材料(卵)

販売価格

商品名販売価格(税込)
流星のしずく  単品180円
流星のしずく (6ヶ入/箱)1,230円
流星のしずく (10ヶ入/箱)2,000円
流星のしずく (15ヶ入/箱)2,930円